腰痛の正しい座り方.com » 床に座る場合の腰への影響

床に座る場合の影響

日本では、床に直に腰を下ろす際は正座というのが一般的ですが、これは長時間やっていると足が痺れてきてしまうし、なかなか辛いものです。

このような時に、お尻を少しだけ横にずらして横座りにしてしまう人がいますが、実はこれは身体にとっては大変に良くない体勢です。

というのも、変に体を傾けている状態になるため、とてもバランスが悪いのです。しかし転ぶことなく座れるよう、その悪いバランスでどうにかするため、身体の方に非常に大きな負担をかけてしまうのです。

これでは腰へのダメージが増えて症状が悪化しても仕方がありません。また、横座りをする場合にどちら向きに足を崩すかというと、たいがいの人は自分にとって楽な方ということでいつも同じ方向に座ってしまいます。

そうなると身体が歪んだまま正されるタイミングがなく、どんどんと歪んでいってさらに負担を大きくしていってしまいます。

まっすぐな姿勢で正座をするのが腰にはもっとも負担がないのですが、それもなかなか難しいです。できれば、正座用の椅子を利用したいところです。

正座用の椅子がすぐに用意できないという場合には、座布団を太ももと膝の間に入れて座るだけでも大分楽になれます。

正座や横座りのほかによくある座り方というと胡坐もあります。胡坐の場合は、背筋をまっすぐに伸ばすことと、ときどき組む足を変えることを意識しておけば、横座りよりは良いかと思います。

また、足をまっすぐに伸ばすのは、比較的膝に負担がかかりませんし、正座よりは楽ですが、実はこの座り方は姿勢を保つのが難しいです。ですから、背もたれのある座椅子などを用意するようにしましょう。

フローリングのお宅や、ソファや椅子がリビングに置かれている家も増えていますが、日本では床に直接座るのも一般的で、皆の集まる部屋は畳であったり、フローリングでも絨毯やクッションを置いて、椅子は置いていないという家も多くあります。

腰痛防止のためにも、負担のかからない座り方というものを改めて意識してみてはどうでしょうか。