腰痛の正しい座り方.com » 腰を痛めない正しい座り方

予防のための正しい座り方

長時間座ったままでいると腰を痛めてしまいやすいというのはよく聞く話ですが、ですが仕事や生活の都合でどうしても長時間座ったままでいるしかないという方もいます。その際に座る姿勢が悪い状態でいると余計な負担がかかってさらに腰を痛めやすくしてしまいます。

まず、このような症状が出やすいのは、背中が丸くなっている猫背や、背もたれに寄りかかって浅く座ってしまっている人、机に対して体を斜めにして座ってしまっていたり、足を組んでしまうことです。これらは身体のバランスが崩れている状態なのです。

その姿勢をした瞬間には楽だと思うかもしれませんが、その楽だという姿勢が、長い目で見るとかえって負担がかかるというものもあります。

慣れてしまうとこのような姿勢を維持することは非常に楽になります。というのも、きちんとバランスが取れた状態を維持しているということは、身体への負担も減っているという事だからです。そのため、腰痛の予防に役立ち、また、集中力の維持にも繋がります。

では実際に、腰を痛めにくい方法というのをご紹介したいと思います。簡単にポイントだけを紹介すると、しっかりと椅子に深く座ること。そして机と椅子の間を広くしすぎないよう注意することです。

この2つを意識するだけでも、大分変わってくるかと思いますが、さらにしっかりと実践するのならば、膝から順に、正しい姿勢を意識して変えてみましょう。

まず太ももは揃えること。そして膝の角度は90度を意識すること。しっかりと背中を立てて、腰も90度を意識します。

また、お腹を変に出っ張らせたりひっこめたりしないよう、真っ直ぐをイメージします。

頭は首の上にしっかりと乗っている状態をイメージし、あごを引くようにしましょう。頭は細い首で支えるには非常に重いものであるので、位置がずれるとそれだけ、バランスを取るのに負担がかかってしまいます。

このように、しっかりとバランスのとれた姿勢を意識するようにしていれば、身体のバランスも整えることができ、予防、改善へと繋げることができます。