腰痛の正しい座り方.com » スロープを付ける

スロープを付ける

バリアフリーでまず真っ先に思い浮かぶのはスロープではないでしょうか。出入りがしやすくなることで、介護される側も外出がしやすくなり、ストレスの発散になるため、介護がしやすくなるということもあります。

今回はこのスロープの取り付けについてお話をしたいと思います。まず気をつけなければならないのは角度でしょう。

バリアフリー住宅としてのこの工事の利点に、転倒する可能性が大幅に下がるということがあります。階段では段差がありますから、それにつまずいて転倒してしまうということがあります。

スロープにすればその危険性はぐっと減りますし、特に足腰が弱い方にとっては段差はかなり危険なものになっています。

しかし、これも前述の角度という問題があります。バリアフリー住宅にこれを取り入れるならばぜひ専門の業者に依頼をしてベストな角度で設置するようにしてください。

また、一見無理そうな所でも、費用はかかりますが迂回をして設置するという技もあります。

これはリフォーム業者がどこまでバリアフリー住宅に特化しているかによって変わってくるので、バリアフリー住宅を目指すのであれば専門家への依頼が好ましいでしょう。