腰痛の正しい座り方.com » 治療とブロック注射

治療とブロック注射

ヘルニアという言葉をご存知でしょうか。ヘルニアとは身体の内部において臓器などの部位が本来の場所から脱出してしまっている状態を指します。

私たちが良く耳にするヘルニアということで、椎間板ヘルニアというものがメジャーなヘルニアの一つでしょう。椎間板ヘルニアを生じてしまうと、それにより神経を圧迫してしまい様々な症状が発生します。

例えば腰椎ヘルニアですと腰痛や下肢の疼痛、頚椎ヘルニアですと腕の痛みやしびれなど、症状の一部ですが挙げられます。

この椎間板ヘルニアに対する改善方法としては一般的に手術などを行わずに理学療法や運動療法が用いられますが、症状として痛みが強く出てしまっている場合には、“神経ブロック注射”が用いられることがあります。

これは、簡単に説明すると痛み止めの一種なのですが、一般的な痛み止めが血管に注入するのに対して、この方法は痛みを生じている患部周辺の筋肉といった組織に、血流を使用せずに直接局所麻酔薬を注入し作用させます。

そのため副作用の心配はありません。この療法では、そのようにして麻酔を作用させることで、神経を含めて患部を麻痺状態にします。

そうすることで、神経という伝達路を通して患部から脳へ伝えられる痛みの信号を遮断するというものです。以上のような治療のメカニズムから、この療法のメリットとして痛みの抑制効果が非常に高いこと、また効果が現れるのが早い、いわゆる即効性が挙げられます。

この方法の中でも種類がいくつか存在し、それらの中から症状や患部の位置、状態によって使い分けられています。

ただし、途中で述べた通りこの方法は麻酔ということなので、その効果が適用される時間には限りがあります。

そのため神経ブロック注射を行う意義を問う意見もありますが、時間限定であっても痛みを抑えることは筋肉の緊張をほぐすことを始めとした様々な良い効果があります。決して意味のない治療ではないのです。