腰痛の正しい座り方.com » レーザー治療のメリット

レーザー治療のメリット

腰痛治療とレーザーといえば、ヘルニアの摘出術がイメージされます。つまり椎間板ヘルニアのことですが、上肢を貫くとても大切な骨である背骨のクッションとして機能しなければならない椎間板が変性して起こる重大な疾患です。

椎間板とは外側に硬めの軟骨を持つ組織ですが、この軟骨が裂けてヒビが入ってしまうと、中身である大事なクッション、つまり髄核という組織が外にはみ出してしまいます。

また一度はみ出すと、手術でも自然な方法でも、保存療法でもなかなか元に戻すことができません。もちろん西洋術でも東洋術でも難しく、多くの場合はそのままの状態で周囲の組織を改善したりして、できるだけ腰痛が起こらないように仕向ける、しか方法がないのです。

もちろんどのようにしても腰痛が解消されない場合もあります。またこのような場合に有効なのは手術のみです。手術ではヘルニア自体を摘出します、つまりヘルニアが無くなればクッション性は悪化します。

しかし、痛みが無くなれば日常生活は復旧しますので、できるだけ早く解消したい場合は、外科手術よりも復旧がはやいこの治療法を選択することになるのです。

この方法のメリットは、まずこの早期の復帰です。日帰りでも可能ですから、働き盛りの方には特に有効です。また傷口がほとんど残らないために女性にも人気があり、痛みや筋肉の劣化なども起こりません。

また様々な術式、種類がありますが、最も多用されているのがPLDD、経皮的レーザーでの椎間板減圧術です。簡単に言えば、椎間板の圧力を軽減することです。

初期段階のヘルニアには特に有効です。つまり圧力によって押し出されている状態に効果が高いですので、すでに突出が終わっている状態、つまり椎間板の外側から全体がはみ出てしまっているような場合には効果はなく、治療をすることもありません。

ですのでできるだけ早期の決断が治療を成功に導きます。我慢して仕事を続けることは、決してよくありません。