腰痛の正しい座り方.com » 手術について

すべり症・分離症

手術について

腰椎すべり症にかかると、腰椎は慢性的に歪んでいるようになってしまいます。生活習慣などが影響し、腰椎の柔軟性が失われることによって、徐々に前へとずれてすべったような状態になることから、すべり症と呼ばれます。

また、年齢から言いますとすべり症は40代を超えたあたりから発症するケースが多く、感覚としてそれほど痛みを伴うというわけではないため、安易に放っておくというケースも多く、日頃忙しい方などは特に放っておいてしまう場合が多いようです。

また、痛みについては、腰椎が脊髄に触れることで起こるらしく、また体がゆがみ、筋肉など他の部位に負担がかかるようになります。このようなことから、坐骨神経痛を併発してしまう可能性も大きいとのことです。

治療方法ですが、手術をすればすべり症の症状がすっきり治るだろうと考える方は多いでしょう。しかしながら、腰痛のみの場合ではそこまで至らない場合が多いとのこと。

すべり症の症状がそれほどひどくない場合には保存療法が用いられ、鎮痛剤やコルセット装着などで治療していくのが常だそうです。

手術するタイミングについては、歩行すら困難なぐらいに痛みが出てきたり、他にも生活する上で何らかの障害がある、というケースが当てはまるようです。

そこまでしなければならなくなる前にもっといい方法があるだろうと考える方も多く、カイロプラクテイックや整体などで治ったという方も多く、これらは姿勢を矯正することで治すことができるという例として多く取り上げられることがあります。

病院では検査などを主に行いますが、やはり手術するという前に、その検査の結果から判断し、整体などをしてみて、だめであったら手術をするという方法を取る方も多いようです。

すべり症などの腰痛関係にいい体操というのは幅広くサンプルがありますが、その中でどれがいいのかを整体師などに相談するのもよいでしょう。すべり症の改善治療には、出来れば毎日欠かさず日課にできるようなものを選ぶべきと思います。