腰痛の正しい座り方.com » 頚椎ヘルニアのブロック注射

頚椎ヘルニアのブロック注射

ヘルニアは腰ばかりではなく寝違えたときのような痛みが続く頚椎ヘルニアなどもあります。頚椎ヘルニアの場合、ブロック注射を打って痛みを止める治療をする方も多いようです。

頚や背骨の骨の間に椎間板があり、その軟骨に似た板の中心に髄骨と呼ばれるやわらかい部分が何らかの原因で飛び出してしまうのですが、それが神経を圧迫するために痛みが起きます。これが頚椎ヘルニアです。

頚椎ヘルニアは40歳以上に多いとされ、運動負荷の多い方がもっともかかりやすいようですが、首への運動負荷ですから、むち打ちになったりスポーツ障害などによっても併発するケースも多いでしょう。

頚をそれほど動かすようになるという職業があるのかどうかというと若年層でも中年層でもさほど変わらないかもしれませんが、パソコンを長時間した後で急に頚を動かした弾みで頚椎ヘルニアを発症するというケースもあるようです。

レントゲンではわからないためMRIなどで検査します。手や下肢のしびれ、例えばまた箸が持ちにくいなどの自覚症状があると危険は大きいようです。

神経根による症状の場合には頚や肩、腕などがだるかったり、激痛があり、動かすだけで胸が痛くなる、などの兆候がありますが、ブロック注射などの保存療法が主ですが、症状によってはブロック注射では間に合わず、手術することもあるそうです。

星状神経節ブロック注射をする場合には喉仏の下部あたりの左右を対象とし、一日にどちらかにブロック注射をしますので最短で2日で1セットとなります。

ブロック注射も使用しますが、総じて治すためには、日常生活上での注意が非常に重要でしょう。ブロック注射だけではなく、日ごろから安静にすること、そして刺激を避けること、などが考えられます。痛みが激しい場合には、当然のことながら温めることでその症状も悪化します。

ですので入浴などはシャワー程度にしたり、マッサージや指圧についても刺激を与えてしまうということから避けたほうがよいでしょう。首の角度を曲げて行う仕事なども要注意でしょう。

そしてまただからといって運動を控えるということではなく、頚に負担のかからないような筋肉のストレッチ運動や軽い負荷をかけるなどのことはしたほうが良いようです。