腰痛の正しい座り方.com » 変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、上下の膝関節同士のクッションとしての役目を持っている軟骨のすり減りや筋力の低下などが要因となって、膝の関節に炎症を起こしたり、関節そのものが変形したりすることで痛みを発症する病気です。

特に中高年の方に多く、また、男女のうち女性のほうに多く見られる症状です。また中年以降の不満気味で、O脚の女性は特に要注意です。

変形性膝関節症の初期症状は痛みがあってもすぐに収まるというタイプが多いため、腰痛などと同じように歳のせいにして診断を受けない方も多く、だんだん症状が悪化してから治療を開始しても、なかなか改善しないと悩んでしまう方も多いようです。

変形性膝関節症初期の症状として、何かの動作を開始するタイミングで痛むことが顕著です。また、進行すれば動作中にも痛みが現れるようになってきて、階段の上り下りや走ることなどによって痛みが増長されます。

またそれ以上進行すれば、歩行さえ困難になる場合もあります。この痛みは膝関節のうちでも内側に多く起こります。

また、中期頃には痛みのために可動域が制限されてきますが、足を伸ばせなかったり、満足のいくまで曲げられない、正座ができない、などの日常生活に多少の支障を感じることも多くなります。
O脚気味になってくるのも特長です。歩くときにO脚になってきた、という場合は、変形性膝関節症の疑いがより強くなります。変形性膝関節症は安静にしているだけではなかなか治りません。

また病院における、変形性膝関節症治療は、保存療法が基本です。薬物療法によって痛みを緩和させ、温熱療法によって炎症を抑えます。また、運動療法によって筋肉を鍛えれば、痛みを軽減させながらより根本治療に近づけることができます。

変形性膝関節症では軟骨の磨り減りが大きくても、痛みがまったくないという方もいらっしゃいます。逆にちょっと磨り減っているだけなのに痛みが大きい場合もあります。このような差こそありますが、常に注意しておかなければならない病気です。