腰痛の正しい座り方.com » 症状が両足に出た場合

症状が両足に出た場合

両変形性膝関節症はその名の通り変形性膝関節症が両足に同時に出てきてしまった状態のことを指し、こうなってしまうと歩くことが非常に困難になってしまいます。

この状態にいきなりなることは余りありませんが、片足に発症してしまった際、歩く時に痛む足をかばって歩くことにより発症してない足に普段より多く体重が掛かり変形性膝関節症を誘発することで両方の膝に発症してしまうというケースが非常に多く報告されています。

両変形性膝関節症の特徴として膝が内側に向かって曲がってしまうことによりいわゆるO脚と呼ばれる状態になるというものがあります。

なぜこうした形になるかというとこの病気は膝関節の軟骨が削れることにより骨と骨とが直接降れ骨の形が削れて変形するために起こるのですが、この時削れる骨は膝の内側の骨なので膝のバランスが崩れ常に内側を向いてしまうためにO脚になってしまうのです。

O脚の原因は骨盤の歪みによるものがほとんどですが、膝に痛みがあってO脚になってしまった場合は変形性膝関節症の疑いがあります。

この場合は既に骨がかなり削れてしまっているので一刻も早く検査を受けたほうが良いでしょう。またO脚気味の人もこの病気になりやすいので早めにO脚の矯正を行ったほうが良いかもしれません。

両変形性関節症は決して治らないものではありません。よく勘違いされがちなのはこの病気が老化によって必ず起こるものであるということ。

確かに老化が進むと膝の軟骨の弾力性は少なくなり削れ易くなりますが、これは運動や栄養摂取により改善が期待できます。

あらかじめ運動を行ったり軟骨を生成するヒアルロン酸やコラーゲンを摂取しておくことで簡単に予防することが出来ます。

症状が軽いうちなら治療することも十二分に可能なので、仮に発症したとしても諦める必要はまったくありません。根気よく予防や治療を繰り返して丈夫な身体を手に入れましょう。