腰痛の正しい座り方.com » 症状について

症状について

脊柱管狭窄症とは、脊椎の中にあり、前方を椎体や椎間板、そして後方を黄色靭帯や椎弓で囲まれた脊柱管が、様々な原因によって狭くなり、馬尾や神経根が圧迫を受けることで痛みなどの症状が出現するものです。

また、腫瘍や感染症などによる神経の圧迫の症状は脊柱管狭窄症と区別されます。

この狭くなる原因としては、椎間板の膨隆、相関関節や靭帯の肥厚、脊椎のすべりなどの、加齢による脊椎の変性である場合が多く、また、脊柱管が先天的に狭い場合にはより症状が出やすくなるでしょう。

また先天性の場合、比較的若いうちから発症しやすくなります。脊柱管狭窄症の主な自覚症状は、間欠跛行と呼ばれるものです。これは歩行あるいは立ったままの姿勢を続けると、下肢の痛みやしびれなどの症状が出現し、数分の休憩によって回復できるというものです。

また、馬尾にも痛みがある場合、排尿感なども出現することがあります。腰痛もありますが、分離症などの軽い症状ではなく、比較的重度になります。脊柱管狭窄症の診断方法はまず、レントゲンによって疑いが出ますが、MRIによって神経の圧迫が確認されます。

またMRIで圧迫自体が見られても、痛みなどの症状との一致の確認が必要です。脊柱管狭窄症と結果が出た場合、主な治療方法は保存療法です。血行改善薬を投与したり、消炎鎮痛剤を使用して痛みをある程度制御することができます。

また温熱や運動療法で自然な治癒を促進させ、コルセットで患部を固定することで痛みを和らげ、痛みが大きいなどの場合にブロック注射を用いて副作用なく痛みを鎮めます。

脊柱管狭窄症の手術療法については、下肢の麻痺や比較的強めの間欠性跛行、排尿障害がある場合に適用されるケースが多くなります。脊柱管狭窄症ではリハビリなどの両方もありますが、その中で重要なのが、姿勢の矯正です。

特に体を反らせるような姿勢をとることで、神経と血管を圧迫してしまって痛みが強くなりますので、常に反らせないように気をつける必要があります。また、体を前のめりにさせると、歩行距離が伸び、自転車に乗ることでも痛みが緩和されます。