腰痛の正しい座り方.com » 痛みの出方

痛みの出方

頚椎ヘルニアの症状として痛みがありますが、私の場合は頭痛と首痛の他に胸の痛みがありました。これは左胸だったので、心筋梗塞の前兆かと思い悩みました。

症状としては、心臓近くが棒で押されているような感じでした。

とにかく気になる症状でしたのでクリックで受診した時に、医師にその内容を訴えたのですが、「鎖骨あたり?肩甲骨じゃないの」等いろいろ言われ、頚椎ヘルニアでこのような症状はあまり聞かないといわれました。

でも痛いものはいたいのですが、結局分からないままブロック注射での頚椎ヘルニア治療に入りました。頚椎ヘルニア治療が終わった頃にはこれらの痛まなくなっていました。

やはりこれも頚椎ヘルニアからきたもののようでした。ブロック注射の終了後はリハビリなのですが、温熱療法、レーザー照射、低周波治療をある程度行なってから、頚椎ヘルニア治療の首の牽引に入りました。

牽引は一番小さい負荷で始め、2回目のとき少し痛かったのですがリハビリとは多少痛いものと思っていたのでそのまま続けました。

しかし、3回目の牽引をした夜、激しい胸の痛みで目が覚め、10分ほど七転八倒した後失神してしまいました。目が覚めたとき、全身がしびれた後の感覚が残り、体全体がだるい感じでした。

起き上がると首痛が再発していました。その後、クリニックに夜あった症状を報告したところ、すぐにリハビリは中止となりました。

看護師さんには、違和感があったらすぐ報告しなければダメでしょと怒られましたが、開始前にそのような注意は受けていなかったので、怒られたときは少しムッとしましが、後の祭りです。

頚椎ヘルニアの治療自体は続けていましたが、その後も何度か夜中に同じような症状に襲われることがありました。ブロック注射以外の治療をいろいろしましたが、首痛は直りません。

頚椎ヘルニアに限らず、リハビリの際には少しでも違和感を感じたら、中止したほうがいいのかもしれません。