腰痛の正しい座り方.com » 神経ブロック注射の効果

神経ブロック注射の効果

神経ブロック注射とは、痛みの場所の神経の近くに薬を注射することで一時的に神経の興奮を抑え、痛みで傷ついた部位を効果的に治療する方法です。

よく椎間板ヘルニアなど痛みを一時的に和らげるためにこのブロック注射は用いられます。椎間板ヘルニアの症状として、腰への激痛があえいます。この激痛は、腰から下半身までへ及び立っていることさえも出来なくなります。

これは、椎間板という骨と骨をスムーズに動かす部分の神経根が圧迫されることで上手く動かなくなり痛みを発症します。椎間板ヘルニアの痛みは猛烈です。

神経ブロック注射は、局部麻酔が使われます。局部麻酔は、痛みで過剰に興奮した神経を一時的に麻痺させることで痛いという神経情報をブロックします。

この療法は決して神経を切断するような方法ではなく、痛みの情報だけを一時的に中段する方法です。注入された局部麻酔は、痛み部位の筋肉をほぐし、血流を改善してくれます。血行がよくなることで痛みが和らぎます。

お風呂などにはいってあっためることで痛みが和らぐのと同じ効果です。なので少し、痛みを感じたときは、シップで冷やすのではなく温シップやほっかいろなどで暖めてあげたほうが痛みは和らぎます。

血流が緩和することで広がった血管を通して酸素やたんぱく質などの栄養を痛い場所に効率よく運ぶことができ、痛んだ神経や筋肉を効果的に、自然に治療するより早く回復させることが可能です。

単なる一時的な痛み止めの対症療法ではなく、自分で自分の痛い場所を治そうとする、人間の治療能力をアップさせる画期的な治療法のひとつになってきています。まだ、まだ椎間板ヘルニアの完治のための治療法にはなっていませんがそうなるのも時間の問題です。

腰への激痛で仕事もままならない状況になってしまう椎間板ヘルニアを少しでも緩和してくれるためにもブロック注射はとても効果のある治療法です。