腰痛の正しい座り方.com » 浴室の危険を減らす

浴室の危険を減らす

浴室の危険を減らすためのリフォームと聞いて、比較的お手頃にできる工事としてあげられるのが手摺りの設置です。よく設置されるのは、入り口部分です。

今は、いらないからと話される方もいますが、後からつけると下地の取り付け工事も必要になりパネルに穴を開けなければならないので一緒に工事したほうがいいです。

下地がなくてもいいなんていう方もまれにいましたが、ある程度の強度がなければ手すりの機能を最大に発揮できませんし危険なのでやめてください。

浴室の危険は、ユニットバスにすることでほとんどが解消されます。それでも個人の症状によっては、足りないところもあると思います。

そんなときに活躍するのが福祉機材です。浴槽の中にリフトのようなもので入浴を介助してくれるものや背もたれの付いた椅子などいろんな種類の福祉機材があります。

福祉機材などは、専門店に聞いてもわかりますし、施工会社に問い合わせても教えてくれます。

バリアフリーリフォームは、これからの生活を手助けしてくれるひとつのアイテムであることは間違いありません。少しでも悩んでいる方は、是非業者に問い合わせてみてください。